java applet2015/02/14 18:33

以下のサイトにあるjavaを動かしデータを使いたいと言うネタを振られました。

https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/NPstudio/

よく見ると、javaはjavaでもappletじゃないですか! 
セキュリティーがきつそうであまり触りたくない分野でもありますし、初期にちょっと触っただけで、それ以来全く触っておらず、今日今日まで生き延びていることに軽い感動を覚える同時に、ここまでがんばっている人がいることにも感動しました。

Linux、Mac、Windows8.1/XPの既存環境では動かず、VISTAで何とか動きました。VISTAでのお話です。

Java3D 版は動かず、
https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/NPstudio/nps3/NPs_3D.html

PureJava 版は動きましたが、データはローカルに保存は出来ず、アプレットで開いたウインドウからもデータが取れません。
https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/NPstudio/nps3/NPs_PJ.html

以下を参考にポリシーファイル(.java.policy)を編集しましたが、どうしてもデータが取れません。
https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/GBstudio/AppletSecurity.html
http://www.milk-island.net/document/policy/

色々調べているうちにアプレットで開いたびっくりマークを消す方法を知り、試しにポリシーファイルに記述しても消えませんでした。
https://www.naregi.org/FAQ/No_008.html

もしかして、ポリシーファイルが有効になっていないのかも・・・

以下を参考に appletviewer で動かしたらデータが取れました!
http://docs.oracle.com/javase/jp/8/technotes/guides/security/PolicyFiles.html
https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/GBstudio/macAppletViewer.html

実行コマンドは以下の通りです。コマンドプロンプトから実行しました。

appletviewer -J-Djava.security.policy=c:\users\user_name\.java.policy https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/NPstudio/nps3/NPs_PJ.html

このVISTAでのjavaの環境は以下の通りです。JDK1.6 の appletviewer で動作しました。

jdk1.6.0_31 → JDK1.6をインストールしておりました。
jre1.8.0_31 → JRE1.8、自動更新プログラムで最新版にしたらこうなってました。

java.policy ファイルは結局3種類のエントリーを書いておりましたが、以下だけを記述していれば動くのではないでしょうか。

grant codeBase "https://staff.aist.go.jp/h.ogawa/NPstudio/-" {
permission java.awt.AWTPermission "accessClipboard";
};

VISTAでたまたま環境が合って動きましたが、ほかのマシンでも環境が合えば動くと思います。

vSphere Client2015/01/01 17:12

「vSphere Client」と言うWindowsのソフトを使用してESXiサーバーにアクセスできるようです。Xenなどと同じです。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0909/25/news113.html
http://www.server-world.info/query?os=CentOS_5&p=vmware_esxi&f=1
http://norimaki2000.blog48.fc2.com/blog-entry-1299.html

ESXiの再インストール2014/12/31 21:48

一年位使っていなかったサーバー機(FUJITSU PRIMERGY TX100 S3 OSレスタイプ PYT10PZD2X )を久しぶりに使いだしました。ESXiは前回使った時の最新版は5.5で、現在も最新版の様でこれをインストールしました。
前回はネットワークが有効にならず諦めましたが、今回は以下に従ってドライバをインストールしてネットが繋がりました。

http://shell.peach.ne.jp/aoyama/archives/2185
http://shell.peach.ne.jp/aoyama/archives/2907

手順は以下の通りです。
1 ESXi Shell と SSH を有効にする
http://norimaki2000.blog48.fc2.com/blog-entry-1299.html

2 net-e1000e-2.1.4.x86_64.vib ファイルをDL
http://shell.peach.ne.jp/aoyama/archives/2185

3 FAT16でフォーマット(Win8.1を使用)した2G程度のUSBメモリに2のファイルをコピー

4 以下の手順通りにESXiを操作しドライバをインストール
http://shell.peach.ne.jp/aoyama/archives/2907

5 再起動するとDHCPでIPが振られるはず、振られない時はサーバーのポートを切り換える


これでやっと試用が出来ます。 (^^)

3.2.1 -> 4.2.22014/12/14 19:31

XPなら難なく出来ました。基本は以下のサイトに従って行いましたが、不足している点、気づいた点などを記述していきます。

http://shopdd.jp/blog-entry-1163.html
http://ameblo.jp/highcommunicate/entry-11715707504.html

1 root-3.2.1 によりroot化が終了すると、初期状態の素の3.2.1になるようです。ユーザー情報の記載を求められますが、4.2.2を書き込むので不要でしょう。

2 手順としてはroot化後、前でもいいのですが、Acerのドライバ(USB_Acer_1.00.0524_A30HA31HA32H_A.zip)をPCにインストールして、PCにダウンロードしたzipファイル群をタブレットに接続したSDカードに、コピーして作業を行います。

3 root化時に求めらられるCPU IDですが、adb devices コマンドにより表示される番号の先頭に 0 を追加した番号でも大丈夫です。

4 update-recovery という各ファイルを更新するツールですが、以下の順番で更新した後に、ファイル(Tegraowners_JB-MR1_ROM_v13t4.zip、gapps-jb-20130301-a500-v2.zip)をインストールしました。
1.6_v2 -> 1.7.3 -> 1.8.1rc8

5 *.zip.exeファイル(Tegraowners_JB-MR1_ROM_v13t4.zip.exeなど)がDLされますが、選択オプションを変更することで、*.zipファイル(Tegraowners_JB-MR1_ROM_v13t4.zipなど)をダウンロード出来ます。*.zip.exeファイルを起動して*.zipファイルをDL出来るようですが、良くはわかりません。

6 今回の作業で使ったファイルは以下の通りです。

USB_Acer_1.00.0524_A30HA31HA32H_A.zip
root-3.2.1-V4.7z
update-recovery-thor2002ro-rev1.6_v2.zip
update-recovery-thor2002ro-rev1.7.3.zip
update-recovery-TO-rev1.8.1rc8.zip
Tegraowners_JB-MR1_ROM_v13t4.zip
gapps-jb-20130301-a500-v2.zip

7 今回の4.2.2のイメージですが、比較的安定しているようです。

http://iswtr.sblo.jp/article/88782418.html

8 必要なハードウェア

タブレット本体(A500)、SDカード(タブレットに差し込む)、
USBケーブル、パソコン(WinXP、Win7でも可であろう)、

.Net Framework 2.0以上2014/12/13 12:17

root-3.2.1 をインストールしようと DotNetDetecter.exe を起動すると、
「.Net Framework 2.0以上をダウンロード」どうのこうのと言ってきます。

KB2966826 と KB2966828 を削除しましたが、インストール出来ません。
http://fm.azsky.jp/2014/08/28/200

app.config を作成しても上手く行きません。
http://freesoft.tvbok.com/tips/os/_net_framework_old.html

その他、色々調べ設定を変えてみましたが、上手くいきません。しょうがないので、Win8.1は諦めて、XPでやってみます。

各OSの.Netの対応状況です。
http://freesoft.tvbok.com/tips/os/net_framework_45.html

A500用ドライバインストール2014/12/07 08:42

Acer iconia tab a500は3.2.1であるし、色々不便な点がありましたが、だましだまし使っておりました。google driveが機能強化し、直接編集ができなくなったためもうだましだまし使う理由が少なくなり、どうかしたいなと考えていたところ、4.*にアップグレードをしたという記事を見つけ、やってみることにしました。

http://shopdd.jp/blog-entry-1163.html

ここ記事通りにやってもいいのですが、まずは独立して出来るwindows8.1にa500用のUSBドライバをインストールしてみましたが、難航しました。
結論から言うとセキュリティが強化されたため、認証のないドライバはインストール出来なくなったようです、おそらく、windows7で動作していても。

手順をここで説明しても良いのでしょうが、面倒でもあるし、やめておきます。以下のような経過をたどり、インストールが成功しました。参考にしてください。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n128056
に従い、

extras\google\usb_driver\android_winusb.inf
の[Google.NTx86]と[Google.NTamd64]セクションに以下の記述を追加しました。

;Acer a500
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0502&PID_3325
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_0502&PID_3325&MI_01

これだけではインストールできませんでした。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14120970094
a500のドライバはおそらくwin7用なので、以下のような記述を試しました。

http://freesoft.tvbok.com/win8/testmode.html
この記事にある以下のコマンドを打ちましたが、正常に動作しません。

bcdedit /set TESTSIGNING ON
『要素データを設定中にエラーが発生しました。この値はセキュアブートポリシーによって保護されているため、変更または削除できません』

http://blog.livedoor.jp/frbsd/archives/25566476.html
どうも、ブートした時のモードが良くないようです。テストモードにしたら、ドライバがインストール出来ました。
ちなみにこの記事はwin8用で、win8.1はメニュー構成が変わります。

かなり面倒です。

さしあたって、adbコマンドが使いたく、Android SDKなどをインストールしましたが、必要なかったようです。
http://hgotoh.jp/wiki/doku.php/documents/other/other-015

CUDA入門2014/07/31 07:40

CUDAのプログラムの勉強で、サンプルプログラムの多い入門書を探しております。

以下は解説がメインで、直ぐに動かせるコードは無いです。


はじめてのCUDAプログラミング―驚異の開発環境[GPU+CUDA]を使いこなす! (I・O BOOKS)
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AECUDA%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%80%95%E9%A9%9A%E7%95%B0%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E7%92%B0%E5%A2%83-GPU-CUDA-%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%99-BOOKS/dp/4777514773/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1406759950&sr=8-2&keywords=cuda

以下はまあ、サンプルコードは1種類です。その他は解説がメインです。

http://accc.riken.jp/secure/4467/cuda-programming_main.pdf

以下は、windowsでのコードです。Linuxには対応していない様です。

http://cudasample.net/

以下で、「GPGPU」で検索されるCUDAのPDF資料にもサンプルが載っています。

http://www.cc.u-tokyo.ac.jp/support/press/news/
http://exth.net/~ohshima/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi?page=%A5%B9%A5%D1%A5%B3%A5%F3%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9

以下で、説明資料とサンプルコードが載っています。

GPUコンピューティング研究会
http://gpu-computing.gsic.titech.ac.jp/classes

Scientific Linux 6でCUDA2014/07/24 08:25

Scientific Linux 6でCUDAをインストールしようと、以下のサイトを参考にインストールしようとしております。

http://www.softek.co.jp/SPG/Pgi/TIPS/public/accel/cuda60_install.html

以下のコマンドを実行したところ、エラーが発生しました。
# yum install cuda
(中略)
---> Package xorg-x11-drv-nvidia-libs.i686 1:331.62-2.el6 will be installed
--> Processing Dependency: libvdpau(x86-32) >= 0.5 for package: 1:xorg-x11-drv-nvidia-libs-331.62-2.el6.i686
---> Package xorg-x11-drv-nvidia-libs.x86_64 1:331.62-2.el6 will be installed
--> Processing Dependency: libvdpau(x86-64) >= 0.5 for package: 1:xorg-x11-drv-nvidia-libs-331.62-2.el6.x86_64
--> Finished Dependency Resolution
Error: Package: 1:xorg-x11-drv-nvidia-libs-331.62-2.el6.i686 (cuda)
Requires: libvdpau(x86-32) >= 0.5
Error: Package: 1:xorg-x11-drv-nvidia-libs-331.62-2.el6.x86_64 (cuda)
Requires: libvdpau(x86-64) >= 0.5
Available: libvdpau-0.4.1-1.el6.rf.x86_64 (rpmforge)
libvdpau(x86-64) = 0.4.1-1.el6.rf
You could try using --skip-broken to work around the problem
You could try running: rpm -Va --nofiles --nodigest

--skip-broken を使用しろという事で、以下のコマンドを実行しましたが、解消されていない様です。

# yum install cuda --skip-broken

エラーメッセージを読むと「libvdpau」と言うパッケージのバージョンが古い為、「0.5」以上にしろと言っています。


以下を読んで、

http://pkgs.org/centos-6/linuxtech/libvdpau-0.5-2.el6.x86_64.rpm.html

1 /etc/yum.repos.d/linuxtech.repo と言うファイルを作成
[linuxtech]
name=LinuxTECH
baseurl=http://pkgrepo.linuxtech.net/el6/release/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://pkgrepo.linuxtech.net/el6/release/RPM-GPG-KEY-LinuxTECH.NET

2 以下のコマンドを実行
# yum install libvdpau

これで、「libvdpau」が「0.5-2.el6」になりました。以下のコマンドが実行できるようになりました。

# yum install cuda

これで、CUDAがインストール出来ました。

パッケージのDLに時間が掛かりすぎる(約半日)為、インストール先が複数台ある時は、runファイルをDLしてインストールした方が良いかもしれません。

pgaccelinfo と言うコマンドでGPUの情報を出力とありました。そういうコマンドは無いようです。PGIコンパイラを購入し、インストールすると使えるようになるようです。

http://www.softek.co.jp/SPG/Pgi/TIPS/public/accel/cuda32_install.html
http://www.softek.co.jp/SPG/Pgi/pgi-price.html

yumBackend.py2014/07/24 07:46

yumBackend.py と言うスクリプトが走って、yumコマンドの操作が出来ません。以下の通りです。

# yum install cuda
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Existing lock /var/run/yum.pid: another copy is running as pid 12183.
Another app is currently holding the yum lock; waiting for it to exit...
The other application is: PackageKit
Memory : 24 M RSS (333 MB VSZ)
Started: Thu Jul 24 07:32:00 2014 - 05:13 ago
State : Sleeping, pid: 12183

# ps -edf | grep yum
root 12183 12182 0 07:32 ? 00:00:00 /usr/bin/python /usr/share/PackageKit/helpers/yum/yumBackend.py get-updates none


以下の方と同じです。
http://www.teradas.net/archives/4897/


以下の方の様にはなっておりませんが、問題があるスクリプトの様ですね。
http://aritosato.wordpress.com/2012/01/06/yumbackend-py-%E3%81%AE%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%9A%B4%E8%B5%B0/


調べたら、自動的に終了するという記述が
http://tazakazushi.net/rhelproxy.html


今調べたら、停止していました。 (^^)

Scientific Linux2014/07/23 08:36

以下のサイトなどに書いてありますが、yum updateでパッケージのDLが異常に遅いです。

以下のサイトの様に /etc/yum.repos.d/sl.repo を変更すれば良さそうですが、残念ながらどこをどう変更すれば良いのか分かりません。

http://d.hatena.ne.jp/leetmikeal/20130409/1365477385

よって、以下に従ってファイルを編集してみました。

http://rewse.jp/blog/p/3411

yum update をしたのですが、以下の様なエラーが頻発します。yum updateを途中で止めたのが悪かったのかもしれません。

ftp://linuxsoft.cern.ch/scientific/6.4/x86_64/updates/security/repodata/primary.sqlite.bz2: [Errno 14] PYCURL ERROR 36 - "Offset (16573594) was beyond file size (8293418)"
Trying other mirror.
ftp://mirror.phy.olemiss.edu/scientific/6.4/x86_64/updates/security/repodata/primary.sqlite.bz2: [Errno 12] Timeout on ftp://mirror.phy.olemiss.edu/scientific/6.4/x86_64/updates/security/repodata/primary.sqlite.bz2: (28, 'connect() timed out!')
Trying other mirror.
ftp://ftp.icm.edu.pl/pub/Linux/dist/scientific/6.4/x86_64/updates/security/repodata/primary.sqlite.bz2: [Errno 14] PYCURL ERROR 36 - "Offset (16573594) was beyond file size (8284431)"

以下に従い、 yum clean all を実行したら、正常に動きました。

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/909yumerror.html

再度 yum update を実行したら、パッケージのDLは早くなりました。
Google
WWW このブログ内